家庭教師や子供に対してできる事

家庭教師を雇って子供の勉強を見てもらいたいと考えている家庭も多いと思います。家庭教師は個人指導の形で勉強を教えてくれるため、分からないことも丁寧に分かるまで教えてくれますし、学校の先生には聞くことのできないような初歩的な質問も気軽にできて、勉強の基礎から学んでいくことができます。そのため基本的な学力の向上ができて、次の応用にも対処しやすくなっていきます。

家庭教師を雇ってみたときに気になることが接し方や付き合い方です。あくまでお金で雇っている先生といった認識ならお茶等も出さなくて済みますが、どちらかというと子供の面倒を見てくれる先生といった感情移入をしてしまい、何となく無下にはできない心理が働きます。基本的に契約の時点で気遣いやもてなしは必要ないと言われます。お茶を出すかどうかは個人の自由ですが、別に出さないからと言って気にする必要もないのです。

家庭教師を雇って後はすべて教師任せというのはあまり良くありません。できれば勉強のできる環境を整えて、家庭教師も子供も集中できるように気を配ってあげることが大事です。親には親なりにできることは沢山ありますので、子供のためにもしっかりと勉強ができる環境づくりを心掛けていきましょう。

Category: 子育て全般
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>